仙台医療センタートップページ > 地域がん診療連携拠点病院・がん診療連携室

地域がん診療連携拠点病院・がん診療連携室

地域がん診療連携拠点病院

当院は、2006年に、厚生労働省より『地域がん診療連携拠点病院』に指定されました。

全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、全国にがん診療連携拠点病院、特定領域がん診療連携拠点病院、地域がん診療病院を指定しています。専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の連携協力体制の構築、がん患者に対する相談支援及び情報提供等を行っています。

がん診療連携室とは

当院は地域がん診療連携拠点病院であり、がん診療における地域医療連携クリテイカルパスを推進し、地域完結型医療の早期実現を目指し取り組んでおります。

ご紹介された患者さんがスムーズに診療、検査、入院などが行えるようなシステム作りや紹介元のかかりつけ医と連携をはかり、がん初期治療後の継続医療など、患者さん、ご家族の皆さんの不安や悩みを最小限にし、よりよい医療を受けられるよう支援させていただきます。

がん診療連携室室長 あいさつ

当院は2006年より厚生労働省より「地域がん診療拠点病院」に指定され、がんの診断、外科手術等はもとより、がん化学療法、放射線治療、緩和治療のための病院設備充実、人員の確保、診療の質の向上に継続的に努め現在に至っています。更にはがん登録の継続、院内がん図書コーナーの設置(2F, 健康情報コーナーに併設)、がん相談支援センターの設置、がんに関するセカンドオピニオンの受け入れ、がん地域連携クリティカルパスの導入(現在は5大がんと前立腺がん)緩和ケア外来診療の開始を行いさらなるがん治療の包括的な診療を推進する役割を担っています。

がん診療連携室は宮城県がん診療連携協議会と密接に情報交換を行いながら宮城県のがん診療の均てん化を目的として2014年に設置し、がん治療、緩和ケア、がん相談、院内がん登録、がんクリティカルパスの各部署からなる組織として発足しました。がん診療連携室としての院内の活動は直接に患者さんと交流するための「がんサロン」、患者さんやその家族を対象とした「痛み教室」の定期的な開催を行っています。また新たに2016年5月より認定看護師による「がん相談」(窓口は地域連携室)を開始しました。時間が限られていますが、がん患者さんの治療や日常生活、医師に伝えにくいことなど保険診療の範囲内で相談を受けることが可能となりました。また病院として毎年1回のがんに関する市民公開講座を開催しています。

これからも継続的にがん患者さんのために質の高い診療を行っていくように努力してまいりますので何卒よろしくお願いいたします。

がん診療連携室長  鈴木貴夫

がん診療連携室スタッフ紹介

がん診療連携室長 鈴木貴夫(腫瘍内科医長)
副室長 高橋通規(緩和ケア内科医長)、 島村弘宗(外科医長)
がん治療担当 鈴木貴夫(腫瘍内科医長)
緩和ケア担当 高橋通規(緩和ケア内科医長)、高橋寛名(緩和ケア認定看護師)
がん相談担当 高橋通規(緩和ケア内科医長・併任)、千葉洋子(がん相談支援係長)、阿部直美(副看護師長)、保健師 松本菜海、医療社会事業専門員
院内がん登録担当 島村弘宗(外科医長)
がん診療連携係長 千葉洋子(地域医療連携係長・併任)

がん治療室

緩和ケア外来・緩和ケアチームのご紹介

平成24年1月より、緩和ケアチームと連携をとりながら診療を行う緩和ケア内科が発足しました。

緩和ケアは、病気療養中の患者さん、ご家族の方の生活をよりよいものにするための医療です。がんやその他の難治性疾患等の病気に直面された患者さん、ご家族の、からだや心の痛み、吐き気、しびれ、息切れやその他の身体的問題、不眠、抑うつ、人間関係などの心理社会的問題、人生の意味に悩むなどの問題に、病気と診断された時から対応し、苦しみを予防し、和らげることで、生活の質の改善を目指します。

がん相談支援センターのご紹介

がんに関わる事柄でお悩みの患者さんやご家族の方々が安心してご相談いただける窓口として「がん相談支援センター」を設置しています。

相談支援センターには相談員として、看護師、医療ソーシャルワーカーを配置し、がんに係る様々な相談をお受けしています。相談の内容に応じて適切な専門員の助言をいただいております。

また、がんを患った患者さん、ご家族の方々の情報交換と交流を目的として、「がん患者サロン」を定期的に開いています。

仙台医療センター

詳細についてはがん相談支援センターのページをご覧ください。

がん登録について

当院では、がんと診断されたすべての患者さんに対して、患者さんの受診状況・経緯、どのような治療が行われたのかなど、がんに関するさまざまなデータを集めて登録しています。データの登録は情報管理室・医療情報管理係に配属されているがん登録実務者によって行われ、データは厳重に管理されています。これらのデータは当院のがんの治療成績を知るための基本的なデータとなるだけでなく、国立がん研究センターがん対策情報センターにデータが集約され、宮城県内、国全体でどのくらいの人がどんながんにかかっているのかなどを調査するうえでも重要なデータとなります。

これまでに蓄積した院内がん登録データは随時分析し、本ホームページ上で公開いたします。

医療情報管理係では各医療機関、行政機関に対してデータ収集のための調査を行っていますが、当院で治療された患者さんに対しても定期的に健康調査を行っています。ご協力いただきますようお願い致します。

院内がん登録室長 島村弘宗

院内がん登録について

診療機能について

本院は、全国の国立病院機構の中で基幹病院に位置づけられ、政策医療を対象に高度総合医療を実施する役割を担っています。

政策医療とは、国が力を入れて行うべき医療のことを指し、本院では次のような疾患の診療に力を注いでいます。

  • がんの診療(地域がん診療連携拠点病院)
  • 心臓病と脳血管障害の診療
  • 成育医療(出産と新生児の診療)
  • 特定疾患(難病)の診療
  • エイズの診療(東北ブロック拠点病院)
  • 災害医療(東北ブロック災害拠点病院・宮城県基幹災害医療センター)
  • 地域医療支援病院

各診療科については診療科のご紹介ページをご覧ください。

がん地域連携クリティカルパスのご紹介

がん対策基本法に基づき、宮城県内のがん診療拠点病院が中心になって準備を進めて参りましたがん地域連携クリテカルパス(がん地域連携パス)が、試行期間を経て平成23年10月から宮城県でも本格稼働いたしました。

宮城県内共通の連携パス「診療計画表」と患者さん用「私のカルテ」を活用し、かかりつけ医と当院の医師が協力して患者さんの治療を行うことになります。仙台医療センター

かかりつけ医の役割

かかりつけ医が従来の疾患(高血圧などの持病)の診療と共に術後の経過観察を行います。たとえば、定期的な診察や血液検査、画像診断、定期的なお薬の処方、痛みや吐き気などの不都合な症状が生じたときの初回の診察や治療、また、風邪などの日常的な疾患の診察や治療を行います。急な体調の異常や病状の変化が生じたときは、先ず、かかりつけ医を受診して下さい。

診察の結果、必要な場合には病院に紹介して頂くことになります。しかし、休日や夜間で かかりつけ医を受診できない場合は当院の休日夜間救急窓口までご連絡ください。

仙台医療センターの役割

  • 専門的な検査・診察・手術を行います
  • 緊急を要する場合、必要な対応を行います

診療計画表に従って患者さんに当院を受診していただいた際に診察、検査を行います。検査項目は診療計画表に記載されていますが、診察の結果必要な検査を追加で行うこともあります。検査結果は「私のカルテ」に記載します。又かかりつけ医へも情報提供をしていきます。

セカンドオピニオン(有料)について

現在、他の医療機関にて診療を受けておられる患者の皆さまで、診療内容や治療方法について主治医以外の医師の意見をお求めになりたい方に対して、当院の専門家の意見・判断を提供いたします。

詳細についてはセカンドオピニオン外来のご案内のページをご覧ください。

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.