仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 看護部

看護部

看護部長挨拶

仙台医療センター看護部は、安全で良質な看護を提供するため、国立病院機構の教育方針に基づき「キャリアラダー」に沿って教育環境を整えています。また、インシデント・アクシデントの低減を図り、高い倫理観を持った専門職としての知識向上に努めています。現在は、認定看護師16名、JNP1名がそれぞれの専門性を発揮できるよう支援すると同時に、退院調整看護師の配置による病院経営への参画にも寄与しております。地域に根ざした国立病院機構として、ドクターヘリのフライトナース養成やHIV・エイズ、災害、がん診療等拠点病院としての研修にも積極的に取り組んでいます。

青山 満理子

看護部長・副看護部長

病院・看護部の理念

最善の医療を尽くして社会に貢献します

患者さんにやさしく働きがいのある病院を目指します。

教育理念

理念

専門職業人として倫理に基づいた行動ができる職員を育成する

教育目的

  • 一人ひとりを尊重した確かな看護が提供できる
  • 疾病からの回復とより健康的な生活を患者と共に考え、サポートできる看護師を育成する

教育方針

一人ひとりを尊重した確かな看護が提供でき、疾患を抱えながらよりよく生きる生活を患者と共に考えサポートできる看護師を育成する。

看護師の成長・キャリアと教育

新卒看護師・助産師の教育

新卒者のローテーション勤務を導入し、新人がじっくり・ゆっくり考えながら職場に適応していけるようにしています。

新卒者のローテーション勤務イメージ

院内に併設されている、メディカルトレーニングセンターを使用しての教育研修が充実しています。 看護技術到達度を定期的に評価し、安全な看護技術の習得を目指しています。

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.