仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 眼科

眼科

概要

白内障手術、斜視手術、網膜硝子体手術、眼瞼下垂症手術を中心に手術を施行しています。

特に小児の診療に力を入れており先天白内障、未熟児網膜症、斜視、弱視、眼瞼下垂、先天異常まで幅広く対応しています(外来および入院患者の約30%は15歳未満です)。

初診の場合は紹介患者を主に受け付けていますが、紹介状がない場合も随時受け付けています。

主な手術実績(2007〜2017年)

  2007〜2016年 2017年
老人性白内障 1483 151
斜視 1094 102
眼瞼下垂 303 29(両眼5)
眼瞼内反症 286 36(両眼26)
先天白内障 80
(眼内レンズ 46)
6
(眼内レンズ 5)
眼瞼・眼窩腫瘍 84 11
その他 245 19
小計 3575 354(両31)
  1. 上記では複数の手術を併施した場合は、主要な手術のみ数えている。なお、述べ件数は385件である。
  2. その他には、網膜硝子体手術、涙道疾患、緑内障、未熟児網膜症などが含まれている。上記では複数の手術を併施した場合は、主要な手術のみ数えている。

主な手術の入院治療期間と待ち期間(平成30年8月現在)

病名 入院治療期間 待ち期間
白内障(片眼) 3泊4日
(当院では白内障の
外来手術は行っておりません)
1ヶ月
白内障(両眼) 3泊4日×2回
原則片眼ずつの手術で
2週間以上間隔をあけて行う。
1ヶ月
斜視(小児) 2泊3日〜4泊5日
小学生未満:4泊5日(再手術は3泊4日)
小学生:3泊4日 中学生以上:2泊3日
2ヶ月
(ただし学校休暇期間
希望の場合は1年先)
斜視(成人) 外来手術か、2泊3日 1~2ヶ月
眼瞼下垂(小児) 3泊4日〜4泊5日 2〜3ヶ月
(ただし学校休暇期間
希望の場合は6か月〜1年先)
眼瞼下垂(成人) 外来手術か、2泊3日 1~2ヶ月
眼瞼内反症(小児) 2泊3日 2ヶ月
(ただし学校休暇期間
希望の場合は6か月〜1年先)
眼瞼内反症(成人) 外来手術(入院も可:2泊3日) 1~2ヶ月
網膜剥離 1〜2週間 できるだけ早期に手術
(3日以内がほとんど)
糖尿病網膜症 1〜2週間 1〜2ヶ月
緑内障 1〜2週間 2週間

医師紹介

職名 氏名 卒業年 専門分野 専門医資格等
眼科部長 野呂 充 昭和59年 小児眼科、網膜硝子体、眼瞼形成 日本眼科学会指導医・専門医、東北大学医学部臨床教授
医師 土山 麻貴 平成18年 眼科診療一般、白内障手術 日本眼科学会専門医
医師 針谷 春菜 平成18年 眼科診療一般、白内障手術 日本眼科学会専門医
医師 深澤 優輝子 平成24年 眼科診療一般、白内障手術

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.